ワキガ手術をすると傷跡が残ってしまう?傷が残る手術と残らない手術の違いとは

臭いに敏感な日本では、少しの汗臭さでも気になるものですが、特にワキガの場合には、悪臭としてみなされてしまいます。
ワキガは、アポクリン腺という汗腺からでた汗が、肌の常在菌によって分解されるときにでる臭いで、独特のつんとする鉛筆の芯や、タマネギのような臭いが特徴です。

このアポクリン腺は、体質と遺伝することがわかっているので、耳かが湿っている場合には、わきが体質といえます。
ただ、体質だからといって必ずしも臭いを発するという訳ではなく、食生活や生活習慣などによっても発生を抑えることは可能です。

それでも、わきがが発生し、どうしても気になるという場合には、わきが治療を受けるとよいでしょう。
ただ、治療法はいくつかあり、料金や方法、傷跡のリスクなどは全く異なってきます。
どの治療がよいのかは、クリニックの先生と相談することが大事です。

軽度のワキガなら、傷跡などのリスクが少なくて、低価格の治療方法を選ぶことができます。
もっとも軽度な場合には、制汗剤の処方やボトックス注射が効果的です中程度の場合には、超音波法、重度な場合には、剪除法を選ぶとよいでしょう。

超音波法は、切らない手術で、メスで切開しませんから、手術跡ものこらず、術後のダウンタイムが少ないのも特徴です。
超音波法は、入院の必要もなく、わきがの原因となるアポクリン腺を取り除く治療としては、もっとも簡単にできる方法です。

ただ、重度のわきがの場合には、効果がでにくく、新しい技術なので、再発の可能性を心配する声があるのも事実です。
そのほかにも、皮下組織吸引法は、多くの美容外科で行われている方法で、皮膚に穴をあけて、そこから汗腺を吸引していく方法です。最大のメリットは、傷が最小限に抑えられることですが、ただ、効果が薄いというデメリットもあります。

皮下組織削除法は、皮膚に小さい穴をあけて、そこから汗腺を掻きだしていく方法で、重度のわきがであっても、対応が可能というメリットがあります。

ただ、医師の技術によって効果が大きく左右され、技術のレベルが低いと、黒ずみなどのリスクも高くなってしまいます。
もっとも、臭いを消すのに効果的な方法が、剪除法で、保険適用が可能なわきが手術ともいえます。
脇の皮膚を数センチ切開して、皮膚を裏返し、そこから汗腺類を根こそぎとっていくため、効果がもっとも高いというメリットがあります。

ただ、ほかの手術に比べて、皮膚を広範囲に切開するため、傷跡が残りやすく、医師によって、傷跡が残るかどうかに差がでてしまいます。
また、クリニックによっては、1週間ほどの入院や、運動の禁止期間が長いということも、デメリットといえます。

皮膚科で手術を行った場合には、保険適用される唯一の手術で、保険がきけば3から4万円ほどで手術を受けることができます。
ただ、どの治療も、メリットだけではなく、必ずリスクやデメリットも存在します。

後遺症の可能性もゼロでは決してありませんから、信頼できる医師やクリニックを選ぶことが大切です。