気になるワキガ…人にうつったり、うつされたりするもの?ワキガの仕組みを知っておこう

脇臭はあまり慣れない臭いであることから、周囲に倦厭されてしまう要因になっています。誤解も多い問題なのでまずは、そもそもワキガとは何かという所から理解しなくてはなりません。

ワキガとは、体質の違いによる体臭の一つです。
体質には個人差があり、一般的な体臭にも個人差があります。現に腋臭は黒人では100%、欧米人は70%が持つ体臭として知られていますが、日本人は10%しか持っていません。よって、知識も浅く、慣れないことから誤解を招きやすくなっているのが現状です。

ワキガの原因はアポクリン腺という汗腺にあります。この汗腺から出るのは脂質やタンパク質で、要するに体内に不必要なものを排出しています。分泌物から分かるように、老廃物なのできちんとケアをしないと雑菌が繁殖して臭いが発生しやすくなります。

ワキガの人はこのアポクリン腺の数が多いのが特徴です。汗腺の数は遺伝で決まるため、両親からの影響が大きく、50%~70%の確率でワキガ体質も引き継いでしまうと言われています。思春期に入って臭いが気になりだしたという方もいますが、生まれた時に引き継いだ体質が体が成熟したことで表に出てきただけと考えられます。

また、アポクリン腺の数に差はあるものの、いずれの人も脇の下に多く存在する汗腺なため、一般の方でも適切なケアをしなければ脇臭に近い臭いを発生させます。

欧米人にそうした体質が多い一つの理由として、食生活や生活習慣の違いがあげられるでしょう。
日本人はこれまで植物性脂質を多く摂ってきましたが、欧米人は動物性脂質を多く摂ってきました。お肉を食べ過ぎると体臭きつくなると言われている所以です。

また、日本人同様に植物性脂質を多く摂る中国人や韓国人も体臭が少ないことで知られています。しかし近代の日本人はファーストフードや肉を好み野菜や魚を食べる機会が減るという、食生活が欧米化してきていることから体臭率もあがっているとされているので、脇臭体質に限らず注意が必要になってくるでしょう。

さて、体臭率があがっているとはいえ、他の種族に比べるとまだまだ低い方なので体臭に関する知識が浅いのが現状です。そこで、ワキガの人の近くにいたらうつるのではないかと思っている人もいますが、上記のことから分かるように感染症のようにうつるということはありません。

ただ、ケースとしては稀ですが、あまりにも体臭がきつい人になると側にいるだけで衣類に臭いがうつることもあり、洗濯をしても臭いが落ちないということはあり得ます。あたかも移ったかのように勘違いしてしまう理由の一つです。
周囲は病気ではないことを理解して、付き合うことが大切でしょう。

とはいえ、体質に悩む方は臭いが酷くなることで、周囲に人が集まらなくなる、友人ができない、いじめにあう、仕事が見つからないなどで生活が困難になってしまうことは避けられません。そこで、これを改善するには治療が必要です。

治療方法には、ボトックス注射、レーザー治療、電気凝固法、また手術になると直視下手術法(切除法、剪除法)、非直視下手術法(皮下組織削除法、超音波法)などがあります。

軽度の方なら手術する必要は必ずしもありませんし、生活習慣の改善と自己ケアで臭いが気にならなくなる人もいます。重度の人なら手術をしなければ改善は期待できないので検討してください。

特に直視下手術法は重度の方におすすめされています。臭いの原因となるアポクリン腺を切除してしまうので、元から断ち切ることができるのが特徴です。また、こちらの治療なら条件を満たすことで保険診療を行うことも可能です。