周りの人に迷惑をかけている!?自覚しにくいワキガのにおいをセルフチェック

脇臭体質の人は日本では約1割と言われるほど、多くはない体臭です。また、臭いに敏感な日本人からすると周囲に迷惑をかけているのではと不安になることもあります。

体臭は自分では気づきにくいものとよく言われているため、もしかしたら・・・と思う方はセルフチェックをしてみましょう。

そもそもワキガの原因は汗腺のひとつであるアポクリン腺から出る脂質、タンパク質、糖質などの分泌物です。乳白色でねばつきがあり、熱がこもることで細菌を増殖させて臭いを発生させます。

アポクリン腺は脇の下や耳の中など特定の部位に多く存在し、また、汗腺の数には個人差がありますが、アポクリン腺の数が多い人ほど分泌物も多くなるので脇臭体質だとされています。

体質ということから分かるようにアポクリン腺は遺伝の要素が強くなります。例えば片親がワキガの場合は50%、両親がワキガの場合は80%くらいの確率で遺伝すると考えられています。

それが遺伝しているかどうかを確認するには、以下のチェックポイントがあります。

腋臭体質の方は耳あかがやわらかく湿っている方が多くなっています。耳あかには乾燥した「コナ耳」と湿った「アメ耳」の2タイプに分けられますが、ワキガの人は圧倒的にアメ耳タイプです。

また、毛が太くて一つの毛穴から2本生えている、太くはないが広範囲にわたり毛が生えている人など体毛が濃い人に多いとされているので、耳の中の毛や脇毛が多い人も可能性は高いでしょう。アポクリン腺は脇の下や耳の中以外にも乳輪、陰部、肛門に存在するため、それらの部位の体毛もチェックしてみてください。

その他、アポクリン腺の分泌物は衣類に付着することで脇部分の黄ばみが出たり、乾燥して結晶化することで白い粉となって残るのが特徴です。ただ、デオドラント剤を使用した場合も衣類が黄ばんだり、白い粉が脇につくこともあるのでチェックする時には注意しましょう。

混同されやすい症状に多汗症がありますが、多汗症はワキガではありません。多汗症は主に精神的な要因から状況に関係なく大量の汗をかいてしまう症状です。

多汗症の方はもう一つの汗腺であるエクリン腺からの分泌液が多く、これは無色透明でサラサラしているため臭いを発生させるものではないのですが、たまたま多汗症の人がワキガだったというケースもあるので、違いを理解してチェックしてください。
多汗症の場合は治療を行うことで臭いが改善できる方もいるようです。

自分の臭いにはどうしても敏感になってしまうので、実際は違うのにもしかしてと思い込んでしまう人も少なくはありません。汗腺自体は誰にでもあるものなので、多少臭いがあったり、脇部分が黄ばむこともあるでしょう。

しかし、それが必ずしも脇臭体質であるとはいえません。
セルフチェックで気になったら専門の医療機関を受診して医学的に体質を証明することをおすすめします。治療方法も数多く存在するので、自分に適した手段で対処しましょう。