ワキガとはどういうもの?汗臭さとワキガ臭の違いについて

ワキガとは体臭の一種です。
汗はエクリン腺とアポクリン線という2つの汗腺から出ていますが、このうちエクリン腺からでるのは無色透明でほぼ水のような状態に対して、アポクリン線から出るのは乳白色でねばりがあります。アポクリン線から出る汗は体内に不必要な脂質やタンパク質であり、これが臭いの元となることから、アポクリン線の数多いほど強い体臭に繋がると考えられています。

またアポクリン線自体が脇の下、耳の中、乳首の周辺など限られた部位にしか存在しておらず、特に脇の下は熱がこもりやすく細菌が繁殖しやすいため、体の中でもより強く臭いを発生さるのです。

ちなみに、汗腺の数には個人差があります。一般的には欧米人に比べて日本人は遺伝子的に汗腺の数が少ないとされているので、体臭も欧米人に比べるとあまりしないのが特徴です。

よって、ワキガは欧米では当たり前な体臭として知られていますが、日本ではあまり当たり前な臭いでないことから倦厭されてしまう要因になってしまっています。

体臭自体は動物的観測からみるとフェロモンとして縄張りを主張したり、異性を引き寄せる役割があります。要するに成熟した大人になったという判断がここできるのです。

例えば子供の頃は全く気にならなかった臭いが思春期に入って気になるようになった場合、突然ワキガになったかのように勘違いしますが、そうした方は体質的に元々ワキガであり、思春期に入り体が成熟したために体臭を感じるようになったとされています。

体質という点では遺伝的要素が最も強いでしょう。父親と母親の片親のどちらかがワキガの場合は遺伝する確率は50%、両親ともにワキガの場合は80%になります。

臭いの程度は人によるので制汗剤を使用する、消臭石鹸を使用する、食生活を改善する、脇の下を清潔に保つ、ストレスを溜め込まないなどの自己ケアをすることで全く臭いが気にならなくなる人もいますが、中には生活が困難になる方もいます。そうした方には治療も勧められています。

一口に治療といっても様々な施術方法が存在するため、自身に適した方法を探しましょう。現時点で体臭を元から改善するにはアポクリン線を切除する手術しか方法はありませんが、軽度の方なら他の簡単な施術でも治療が期待できるでしょう。

さて、いずれの治療にしても原則として保険診療はできないとしているため、費用は全て自己負担となるのがネックですが、例外もあります。その体臭により生活が困難になってしまっている方に対しては保険診療を認めています。

保険診療を受けるには、保険診療な治療と病院を選択し、治療にあたる医師が保険診療を認める必要があります。つまり医師の判断という面が大きいので、一つのクリニックでダメでも諦めず複数のクリニックを受診するのがいいでしょう。

体臭の程度が酷い方でも改善できないものではありません。本気で悩むのなら、まずは情報収集をして医師に相談してください。