気になるワキガ手術と効果はどんなもの? 切らない治療法もある?

ワキガの手術方法には様々なものがあり、効果や安静期間の有無、傷跡の大きさなどに違いがあります。症状の重さなどから適した方法を選ぶ必要があります。

手術方法は大きく2つに分けられ、医師が直接汗腺を確認して除去を行う直視下手術法と、汗腺を見ずに処理を行う非直視下手術法があります。なお、治療を受ける前に注意しなければならない点として、保険適用の有無があります。ワキガ手術は高額のものが多いため、保険が適用できるかどうかで費用に大きな違いが出るため、事前に病院に確認しておかなければなりません。

ワキガ手術で最も効果的なものが直視下手術法である剪除法です。ワキの下を3~5cm切開して裏返し、アポクリン汗腺を目で確認して除去していく方法です。目で確認しているので他の手術方法と比べて除去漏れが起きにくく、重度のワキガの治療に適しています。

しかし、切開する幅が広いため傷跡が大きくなり、また、手術後しばらくは傷口をガーゼで固定して皮膚の癒着を待つため腕をあまり動かせないなどのデメリットがあります。

傷跡が気になる場合には、確実性が落ちますが非直視下手術法を利用します。皮下組織吸引法は脂肪吸引のような手術方法であり、ワキの下を1cm程度切開して細い管を入れ、ワキガの原因であるアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺をまとめて掻き出し、吸引していきます。切開の幅が狭いので傷跡が目立ちにくい反面、アポクリン腺の除去漏れが起きたり、再発することがあります。

超音波吸引(治療)法は前述の皮下組織吸引法に改良を加え、切開部から入れた器具から超音波を発生させ、この熱でアポクリン腺などを破壊して吸引していきます。この方法でも除去の漏れは発生し、また、発生する熱で稀に火傷などが起きる危険性もあります。

皮下組織削除法は皮膚を固定するローラーとカミソリの刃を組み合わせた専用の器具を使用します。ワキの下を1cm程度切開し、皮膚の表面をローラーで転がし、皮下組織を削り取ってアポクリン腺を除去します。

非直視下手術法の中では効果が高いですが、医師に高い技術が必要とされます。1週間程度はワキを固定する必要があり、また、操作を誤って皮膚に穴が開くなどのトラブルが起きることもあります。

切開を行わずに治療する方法もあります。ボトックス注射はワキの下にボツリヌス菌毒素を有効成分とする薬剤を注射します。これには神経伝達物質アセチルコリンの分泌を抑える作用があります。

アセチルコリンには発汗作用もあるため、この分泌を抑えることで発汗が減少します。ただし、アセチルコリンはエクリン腺に作用しますが、ワキガの原因であるアポクリン腺はアドレナリンが作用するため、重度のワキガには効果がありません。また、持続期間は6か月程度であり、繰り返し利用が必要です。

レーザー治療はワキ毛の脱毛と同じ方式でアポクリン腺を焼く方式です。ただし、完全にアポクリン腺を破壊できるものではないため再発率が高いです。脱毛によってワキの手入れはしやすくなるため、臭いの軽減効果はあります。

ミラドライはワキにマイクロ波を照射することで水分を多く含んでいる汗腺を加熱して破壊する方式の手術です。局所麻酔をし、皮膚を冷却しながら照射を行うため、痛みを感じることはありません。

ビューホットは極細の針のついた装置を使用します。局所麻酔をしてからワキにこの装置の針を刺し、高周波で熱を発生させてアポクリン腺やエクリン腺を破壊します。冷却装置も使用するため、火傷の心配はありません。

ミラドライやビューホットは効果が高いですが、1度の施術では不十分なこともあります。また、保険が使えず、費用が高額になるため、十分な効果が得られない場合、2回目以降は料金を割り引く保証制度があるクリニックを選ぶと安心です。