一刻早く治したいワキガ…病院でのワキガ治療には、どんな種類がある?

ワキガは独特のニオイでコンプレックスを抱えている人も少なくありません。ワキガを根本的に治すためにはアポクリン腺を取り除く手術をすることと考えがちですが、手術の他にも症状に合わせたワキガの治療法があるため、症状に合わせて治療を選択します。

ワキガが軽度の場合は飲み薬や塗り薬で治療することが可能です。塩化アルミニウム液はティッシュやコットンなどに染み込ませて脇などニオイが気になる部分に塗ります。

塩化アルミニウム液は制汗剤ですが、ニオイを抑える効果もあります。市販でも購入可能ですが、病院で医師に診察してもらい処方してもらうと良いです。

臭化プロバンテリンは保険適用が認められている抗コリン剤の内服薬で、汗の分泌を抑えることが期待できます。口や目の渇き、尿の出が悪くなるなどの副作用がある可能性もあるため、継続的な使用は控えます。飲み薬では、精神面や自律神経に働きかけることができ、ニオイに対する不安や恐怖心を和らげ、精神的な発汗を抑えることができます。

ワキガが中度で手術までは必要ない症状では、ボトックス注射、電気凝固法が有効です。ボトックス注射は、ボツリヌス菌を注射して汗を出す時の伝達物質の分泌を抑え、汗の量を減らします。

多汗症とワキガを併発している場合や不安などメンタルの影響で出る汗に効果的な治療法です。ワキガを抑える作用はありませんが、汗の量を抑えることでニオイを軽減します。電気凝固法は毛穴に電気針を指して高周波電流を流して脇毛の脱毛、アポクリン腺と皮脂腺を破壊します。この方法はワキガの治療と同時に脱毛も可能です。

ワキガが中度から重度の治療には、直視下手術法と非直視下手術法があります。直視下手術法は剪除法で、脇の下を切開して裏返してアポクリン腺を目視でひとつずつ取り除きます。高い確率で汗腺を取り除くことができますが、3〜5cm程度の傷が1本残ります。

入院はしませんが、傷口が落ち着くまで4から7日程度必要で、その間は圧迫ガーゼをあてておく必要があります。

非直視下手術法には皮下組織吸引法、超音波吸引法、皮下組織削除法があります。皮下組織吸引法は脇の下に小さな穴を開け、細い管を通してアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺などをかき出し吸いとります。

傷口は小さく目立ちにくく、剪除法よりも広範囲の汗腺を取り除くことができますが、ワキガの原因となるアポクリン腺をすべて取り除くことが難しいため、残してしまうこともあり再発する可能性がある治療法です。

超音波吸引法は、皮下組織吸引法をベースにした治療法で、先端に超音波を発生させて熱でアポクリン腺を破壊しながら吸引します。医師の技量によっては火傷や合併症を引き起こす可能性があり、すべてのアポクリン汗腺を取り除くことも難しい治療法です。

皮下組織削除法は、カミソリと皮膚を抑えるローラーの専用機器を使用し、カミソリ部分で皮下組織を削り汗腺を除去します。高い効果が期待できるうえに傷口も小さいですが、回復に時間が必要になります。この治療法は皮膚壊死のリスクがあり、治療をする際には技術や知識が高い経験が豊富な医師にお願いすることが良い選択となります。

ワキガを完治させるには手術が必要と考えがちですが、症状によって治療法がいくつかあるため、症状に合った治療法を選ぶことができます。

市販の制汗剤ではニオイが抑えらない場合は、ワキガ専用に開発されたクリームもあり、汗を抑えたりワキガのニオイを抑えることが期待できます。ワキガと思い込んでいても実はワキガでない場合や生活習慣がニオイの要因になっている場合もあるため、治療だけではなく病院で医師にワキガの程度を判断してもらうことも大切なことなのです。