嫌なワキガのにおい消すためには、どうすれば良い?

自分から発せられる臭いというのは自分では気づきにくいため、ワキガの人もそうでない人も昨今では人に不快な思いをさせないために、また清潔を保つために臭いを消すための対策をとっている人も多いと考えられます。

ワキガの臭いには、アポクリン腺からの分泌物や細菌、汗やわき毛などによって周囲に伝わるようになります。まず最初に取っておきたい行動としては、常に清潔な肌を保つことと、食生活の見直しも必要となります。

臭いのきついものや脂肪の多い肉中心の生活よりも、野菜を中心とした生活のほうが体から分泌される臭いが少ないと言われています。また、アルコールやたばこは控え、脱毛や剃毛も少し気を配ってみましょう。わき毛があることでアポクリン腺からの分泌物がたまりやすくなります。脱毛は医療行為となりますが、剃毛は自分で行えます。

他にも、アポクリン腺からの分泌物を溜めないために、こまめに汗を拭きとり、清潔な肌を心がけるようにすることをおすすめします。トイレに立つときに毎度拭きとるのがいいと言われています。

また、デオドラント剤の使用も効果的です。通常はスプレータイプのものがよく使用されますが、ワキガのかたは殺菌効果のあるクリームやスティックなど肌に直接塗るタイプのものをおすすめします。

殺菌効果の持続の長いものとしてはAg+製品がよいとされています。Ag+製品は人気も評判も高いデオドラント剤ですので安全に使用することができます。ですが、ここで注意しなくてはならないのは、汗をかいて細菌や雑菌が繁殖し、臭いが出てから使ってもデオドラント剤の効果は弱まってしまうということです。

なるべく汗の少ないときやシャワーを浴びた後の清潔な肌に塗布するようにしましょう。そのほうが効果が高まり、また効率的です。塗り直しをするときも殺菌効果の高いシートなどで拭きとってから再度塗りましょう。

セルフケアで改善しない場合には医療機関を受診されることをおすすめします。病院では主に外用薬の塩化アルミニウムが使用されます。塩化アルミニウムは市販でも売っていますが、既製品を取り扱っているところと、病院内で調合しているところがあります。

最初は毎晩塗りますが、徐々に回数を減らしていくこともあります。また、ボトックス注射で汗を大幅に止めたり、手術をしたりする場合もあります。医師としっかり相談してから決めるようにしましょう。

普段はこまめに衣類を洗濯することが必要となります。洋服についたワキガの臭いや汚れ、黄ばみは放っておくと酸化が進んでなかなか落ちなくなってしまうため、早めに洗濯をすることをおすすめします。

また、漂白剤は殺菌効果もあり黄ばみや汚れ防止にもなりますので普段から使うようにしておくと効果的です。ポイントは生乾きですとかえって臭いの原因となりますので、しっかり乾かすことです。

大切なことは、肌と衣類を普段から清潔にしておくことだと考えられます。それでも気になる場合は医療機関を受診してアドバイスをもらいましょう。