においが気になるその前に!ワキガ対策はワキガクリームが有効

一般的な汗臭さとワキガはまったく違います。気温の高さや運動などで体温が上昇した時の汗は、エクリン腺といわれる汗腺から分泌された汗です。この汗は99%が水分で残りの成分は塩分などミネラル、乳酸のため、さほど強い臭いはありません。

しかし脇やデリケートゾーンにかく汗は、人によって不快感を与えてしまうほど強い臭いがあります。
汗はエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺から分泌されています。そのアポクリン腺は脇、乳首、デリケートゾーン、耳の中、肛門など限られた部分にある汗腺です。

アポクリン腺からは、脂質、脂肪酸、たんぱく質、アンモニア、鉄分などの成分が汗となって分泌されます。この汗自体は無臭ですが、皮脂腺からの汗と混ざりあって皮膚の常在菌を繁殖させてどんどん異臭を放つものがワキガです。

ワキガ対策には制汗剤とデオドラントグッズがあります。

制汗剤は汗を抑えるものですが、直接皮膚につけると毛細血管を収縮させ汗腺を刺激して発汗を抑えます。制汗剤は汗を吸収する成分と汗を抑える2つの成分が配合されています。

デオドラントグッズは汗臭さとワキガ臭を抑えるものです。アポクリン腺などから分泌された汗が、細菌、雑菌に分解され繁殖する時に発生する臭いを抑えます。デオドラントグッズにはスプレータイプ、ロールオンタイプ、パウダータイプ、スプレータイプ、ローションタイプ、クリームタイプなどがあります。

スプレータイプは、肌に密着するため高い効果があります。重点的にしっかり制汗すると効果が期待できるため、制汗効果のあるものが出揃っています。スプレータイプはサッとスプレーするだけで広範囲にわたって使用できて気持ちが良いのですが、持続時間にデメリットがあります。

パウダータイプも制汗した場所をさらっと仕上げるため湿気を残さずに使用できます。
ローションタイプは、首や脇など汗をかきやすい場所に塗ってのばすと汗を防ぎ清涼感が得られます。しかしローションタイプは汗で流れやすいデメリットがあります。

クリームタイプやロールタイプは、汗と臭いをしっかり防いでくれる制汗とデオドラントの2つの効果で一番人気です。クリームタイプなので肌にしっかり密着して、汗腺による汗臭さやワキガにも効果を発揮します。持続時間も一番長くアウトドアやスポーツにおすすめです。

ワキガは雑菌の繁殖などが原因のため抗菌、殺菌効果の高いクリームタイプ、ロールタイプがおすすめです。しかしこれらデオドラントは汗腺をふさいでしまうため、広範囲に長時間の使用はおすすめできません。気になる部分のみに使用して、帰宅後は濡らしたタオルでよく拭くかシャワーなどでしっかり洗い流して清潔を心がけましょう。

常に使用する制汗剤、デオドラントはとても便利ですが、敏感肌や乾燥肌の方はパッチテストをおこない保湿成分の配合されたクリームなどがおすすめです。また使いすぎは色素沈着、炎症などをおこします。